書評:代表竹内

お金2.0にある新しい経済のルールと生き方について

1PRGgQVBBzq75AB1517475435_1517475505
コインチェック騒動もあり、いいイメージを持たなくなった人もいる半面、
ここからは進化すると言われたりしている仮想通貨。
同書は、とにかく思わず書店でも目に入る書籍でした。
読まずにはいられない感じですね。
最新のブロックチェーン・仮想通貨・シェアリングエコノミー等に関する事などを理解できる書籍です。

竹内的5段階評価 ★★★★★ 5

貨幣だけが力を持っていた世の中から、貨幣だけでなく他のものが力を持つように
なってきている今の時代のトレンドや今後の可能性について書かれています。
なるほどと思える点も多く、今後、仮想通貨、シェアリングエコノミー等は
より身近で常識になっていく可能性を感じました。
ただ現実にはさまざまな課題があるわけで、
そういった所は今後、解消していかないといけなくなっている、とも言えます。

【同書のチェックポイント】

◆お金の影響力はたしかに強いですが、人の感情を無視しては持続することはできない。

◆引っ張る力はお金が一番強く、次に感情、最後がテクノロジーです。ただ、必ず3つのベクトルが揃ってないと現実ではうまく機能しない

◆結果的に上位と下位には途方もない偏り(格差)が発生します

◆世界経済で言うと、上位1%の富裕層が世界全体の富の48%を所有しており「上位80人」と下位35億人の所得がほぼ同じ

◆発展する経済システムの5つの要素
①報酬が明確である インセンティブ
3M(儲けたい・モテたい・認められたい)
②時間によって変化する(リアルタイム)
③運と実力の両方の要素がある(不確実性)
④秩序の可視化(ヒエラルキー)
⑤参加者が交流する場がある(コミュニケーション)
追加①経済システムの寿命を考慮しておく
追加②「共同幻想」が寿命を長くする

◆持続的に成長する組織の条件
①明確な報酬が用意されているか
②市場が成長しており変化が激しく、予測できないようなことが日々起こるような職場環境
③不確実性が強い
④ヒエラルキー

◆経済と自然の根底にある同一システム
①自発的な秩序の形成
②エネルギーの循環構造
③情報による秩序の強化

◆トークンはバーチャル空間上に存在するただの文字列データに過ぎませんが、現実世界のアセットと結びつけることで、あらゆるものの価値を可視化することができます
①通貨形トークン ②配当型トークン③会員権型トークン

◆ビットコインがよくできているのは、通貨発行益を受ける対象まで分散化が進んでいる点です

◆シェアリングエコノミーやトークンエコノミーも進化していくと、中央に一切の管理者が不在で自動的に回り、拡大し続ける有機的なシステムとして存在することが予想されます

◆自立分散型の仕組みが次世代の成功モデルとして普及していく可能性が高い

◆テクノロジーによって経済は作る時代に変わった

◆価値を保存・交換・測定する手段は私たちがいつも使ってるお金である必要はなくなっています。

◆海外の一部の機関投資家は、企業の従業員の満足度調査のデータを投資判断の参考に取り入れている

◆今後は、可視化された「資本」ではなく、お金などの資本に転換される前の「価値」を中心にした世界に変わっていく

◆価値の3分類
①有用性としての価値 ②内面的な価値 ③社会的な価値

◆ベーシックインカムはお金のコモディティ化を急速に推し進める一手になると思われます

◆企業の安定性は「収入」以上に「資産」にかかっていることは経営者であればよく理解していると思います

◆人生の意義を持つことが「価値」になった時代

◆自分なりのスタイルや個性を追求して行った人には熱狂的なファンがつく

◆BMI(ブレインマシーンインターフェイス)は脳とコンピュータを直接つなぎ、脳そのものを制御したり、脳を使ってコンピュータを動かしたりすることを可能にする技術

 ▼合わせて読む

・一番わかりやすい日本経済入門書でした

・共感から始まる顧客価値創造

・BCGが読む 経営の論点とは?2018版

・アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」・

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>