人材育成

【2017年度版】人材育成をするならこれを利用すべし

d51a2d1b

今、日本全体では、労働力人口の不足を盛んに言われるようになり、

目下の、失業率についても、「2.8%」と完全雇用状態を指す3%を下回る水準になっています。

それだけ人材採用についても難しくなっているわけですが、

採用した次に、忘れてはいけないことがあります。

 

それは、「採用後の人材育成」です。

これがなぜ、必要かは、私にも少しエピソードがあるのでご紹介します。

 

採用に力を入れる会社は多いけど…

私は、以前、株式会社インテリジェンスに5年ほど在席をし、求人広告の営業をしていました。

多くの中小企業様からの人材募集案件を頂いてました。

その中で、いつもよく感じていた事は、「採用には力を入れるけど、採用後に力を入れてない会社が多い」という事でした。

そのわりに、「最近の若いやつはすぐ辞めるかと」というぼやきをする社長が多かったのです。

そういう所に、以前の私は、営業に行っていたわけです。それはなぜかというと、「仕事を頂きやすいから」ですね。

 

が、これって、広告費もばかにならないだけでなく、実はお客様側に大きな損失がありました。

それは一体何か?というと、

採用後に力を入れないと、会社にヒトもノウハウも残らない」というまぎれもない事実です。

なので、雇っても雇っても、何も残らない。わけです。

このことを本当に現場で痛感していたので、私は、今の会社を立ち上げました。

 

採用後に人材育成をする3つのメリット

採用後の人材育成をするメリットは、大きく分けて3つです。そしてこの3つが極めて重要であると思います。

1.人材の早期戦力化

2.人材の離職防止

3.組織の成功ノウハウの蓄積と伝承

実際、成長していく会社であれば、あるほど、この3つを意識しており、

この3つを意識していない会社は、人材採用ばっかりを継続してしまっている、とも言えます。

そして、この3つが実現出来ない場合には、今後会社を発展させるうえでは、極めて難しい局面を迎えると思います。

 

人材育成に活用出来るさまざまな制度

実は、人材が定着していく活動においては、様々な制度を活用していくことで

研修制度等を取り入れやすくすることが出来てきます。

 

キャリアアップ助成金 人材育成コース

こちらは、主に、契約社員やアルバイト、パート向けに、研修とOJTを実施した場合に下記を受給できます。

 

ちなみに1人あたりの概ねの金額については、

約100万円(教育研修費込の受給分)

となります。

こちらは非常にメリットの大きな制度だと思いますので、

もし人材育成を検討されている場合は、こちらをご検討頂くのもよいと思います。

 

OFF-JT 賃金助成:1h当たり760円<960円>

経費助成:実費助成

100時間未満の場合 10万円 15万円

100時間以上200時間未満の場合 20万円 30万円

200時間以上の場合 30万円 50万円

OJT 実施助成:1h当たり760円<960円>

(注)<>の数字は生産性要件を満たした場合のみ

 

その他の制度についてはこちらをご確認下さい。

人材開発支援助成金

人事評価改善等助成金

 

以上のような制度を活用する事も、極めて重要な要素となってくるでしょう。

人材投資するか、設備投資するか?が企業力向上のカギ

他社との競争に打ち勝ち、生産性を高め、人材の定着化と育成による離職率の低下を実現し、

よりよい会社にしていただければ幸いだと思います。

それが、会社、経営者様、従業員の幸福にもつながるのではないでしょうか?

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>