書評:代表竹内

【書評】捨てられる銀行

銀行
数年前ドラマで「半沢直樹」がブレイクしました。
その時にえがかれていた銀行の実態や金融検査マニュアルと
今求められる金融機関の役割「事業性評価による融資」について
明確にかかれている1冊です。

竹内的5段階評価 ★★★★★ 5

金融検査マニュアルが廃止され新たに舵取りが始まった「事業性評価融資」について
銀行のこれまでの諸問題などを指摘し紹介しています。
今までの銀行の問題は何か?
なぜそれがはじまったのか?
どういう内容なのか?
といった事が非常にわかりやすく書かれています。
熱を持った人たちが信念を持って行われた改革であった事がわかりました。
今どこまでこれが反映しているか?ですが今後の流れを知る上でも重要な書です。

【同書のチェックポイント】

■企業と経済の成長と資産形成を最大の目標として明確に打ち出した
■絶対に潰れない銀行を磨き続けることよりも銀行の先にいる企業の成長や満足度の向上を優先する
■いまだに地方銀行は担保、保証に依存しているといった声が政治家や企業から聞かれる
■金融検査マニュアルと不良債権をあぶり出す資産査定検査、信用保証協会による100%の保証付き融資への丸投げが地銀経営のすべてを変えてしまった
■財務情報だけにしがみついていては、現実には地域の雇用も生活も経済も何一つ守れない
■経営者になると公私混同をさせようとする動きや誘惑が周囲に絶えず出てくるものだが長年耐えてきた積み重ねが健全経営につながる

■中小企業と取引する地域金融においては、事業者の財務情報だけでなく事業内容を評価することが重要となる

■森の日本動産鑑定は、中小企業の営業キャッシュフローを生み出す基盤となっている仕入や顧客のネットワーク、ブランド、商標権、特許権などの棚卸資産と知的財産、資産を的確に評価した上での融資(事業性評価に基づく融資)

■営業担当者は日々、営業ノルマに終われているはずだが支店長などの幹部もみんなが本部からの「恐怖」に支配されていることになる。本来は顧客の方を向かなければならないのに

 

■本当に事業再生をしようと思うなら対面営業でのコンサルでは不十分だ。相手の中に身を置いて本質的な問題を共有し、顧客企業と共通認識を持った上で改革に踏み込まなければダメだ

■ベンチマークとは、①地域の中小企業の経営改善、②事業再生や転廃業への取り組み、③担保、保証依存の融資姿勢からの転換という3つのKPIを達成出来ているかを点検していく地域金融の新たな目標

 

 ▼合わせて読む

・投資法というより考え方 プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?・

・お客は銀行からもらえ!・

・「御社の寿命 あなたの将来は「目利き力」で決まる!」を読んでみて・

・【書評】捨てられる銀行2 非産運用・

・中小企業にとって重要な事業性評価融資とは?・

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>