書評:代表竹内

【書評】コンサルティングの基礎

51q8z3MWjnL._SX352_BO1,204,203,200_
どういった中小企業が成果を上げそのときコンサルタントはどうかかわるのか?
中小企業支援の実務はどういうものか?について基礎理論を紹介されています。

竹内的5段階評価 ★★★★★ 5

同書は中小企業診断士の方やコンサルタントを志す方向けの
書籍となっています。
どういった中小企業が成果を上げそのときコンサルタントはどうかかわるのか?
中小企業支援の実務はどういうものか?について基礎理論を紹介されています。
しっかり学んでおられる方には簡単な理論が多いのですが、
基礎から学べる内容になっています。
これだけではもちろん知識としては不足しますが
いろんな分野を関連付けて理解する重要性を知ることができると思います。

【同書のチェックポイント】

■成長・発展にはドメインの再定義が必要となってくる
■誰に、どのような便益を、どのような独自技術で提供するかを決定すること
■グレイナーの組織進化モデル
第一段階 創造性による成長とリーダーシップの危機
第二段階 指揮による成長と自主の危機
第三段階 委譲による成長と統制の危機
第四段階 調整による成長と形式主義の危機
第五段階 協働による成長と新たな危機■イノベーション
①新製品開発②新生産方法の導入③新マーケットの開拓④新たな供給源の開発⑤新しい組織の実現、設計である。

■イノベーション人材が充足している中小企業では利益率が高い傾向にある■中小企業では、ライン組織やファンクショナル組織等の静態的組織形態を採る企業が一般的

■組織活動に参加することによって得られるであろう成果がその組織活動への参加を誘引するが、その組織活動への貢献が誘引を上回る場合には、個人の動機への働きかけが必要となる■価格戦略の意思決定は、高回転率経営を目指すのか、付加価値経営を目指すのか、という戦略要因と、需要、競合、原価、社会性、環境適応の環境要因とのバランスで決定される

■流通の設計とは、ターゲットとする市場、顧客とどのようなルートでコミュニケーションを行うのか、どのようにして商品を配送するのか、決済をどのような方法で行うのか
■多品種で少量の製品を生産する場合は、受注生産による個別生産を行う。この場合は(中略)仕様の確認や納期管理が重要
■ロット生産の場合には、工程管理や段取り替え作業の効率化が重要
■小品種多量生産、連続生産の場合には設備保全が重要であるとともに(中略)特に品質管理が重要
■生産の要素である4Mを効率よく活用してQCDを作り出す
■トヨタ生産方式ではムダを「付加価値を高めない各種現象や結果」と定義しており、つくりすぎ、手待ち、運搬、加工そのもの、在庫、動作、不良の排除を掲げている。これらのムダの排除に欠かせない活動に5S
■償却前営業利益は借り入れ返済の原資となる企業利益を示す
■債務償還年数は有利子負債をキャッシュフロー額で返済すると何年かかるかを示す
■経営情報システムのwhyを徹底的に考えることが最も重要
■ゲーミフィケーションとは顧客の活性化や課題解決のためにゲームデザインの技術やメカニズムを利用する活動
■ビッグデータは気象学、環境生物学、経済学、経営情報学などの分野で、あるいは病気予防、犯罪対策など様々なビジネス傾向の特定に今後の活用が期待

 

 ▼合わせて読む

・書評:「コンサルティングの極意: 論理や分析を超える「10の力」」を読みました。・

・「優れた社長は、コンサルタントをどう使うのか?」を読んでみて・

・年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの対話術とは・

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>