マーケティング

通常のマーケティング研修は、大企業の成功例ばかりを取り上げるので、中小企業では使えないと言われる事が多いです。弊社では中小企業や零細企業の実例を使い、ワークショップ形式で研修を進めていきます。さらに他業界の様々な成功事例を学び、現場サイドの売上アップ、集客アップができます。

研修内容について

  • マーケティングの基礎構造を知る
  • マーケティング理論を新規商材開発に役立てたい
  • 自社商品が特化しているマーケット分析

マーケティングとは「売れる仕組み作り」を戦略的に作りだすことです。中小企業においては、マーケティング理論および実践スキルを経営者だけではなく管理職やスタッフに至るまで全員が共有し、理解する必要があります。
マーケティング力を高め、売れる仕組みを考え、生み出す体験をしませんか?
本講座では常連、新規のお客様、VIPのお客様への対応について「なぜ必要か?」「何をするのが大切なのか?」を理解し、マーケティングの基礎から例題を交えて実践していきます。「売れる条件」とはどのようなものか。それをマスターしていただきます。

こんな方が受講しています

  • コア業務にマーケティングを生かしたい方
  • より深くマーケティング力を高めたい方
  • 商材開発に携わる方

研修の特徴

全ての講座にロールプレイ、ディスカッション、ワークなど体感学習を導入していますので、より記憶の定着も高まり、実践につながります。 理論に加え、現場にどう使えるかを徹底指導致しますので、変化、効果の実感も早くなります。

マーケティング戦略基礎 ①

① 経営資源を知る
・5つの経営資源・お客様が見る3つの項目
② 経営戦略基礎編
・競争戦略の前提・自社と競合と顧客の視点で見る

マーケティング戦略基礎 ②

③ 中小企業戦略の原理原則を基礎から知る
・【ワーク】身近にある企業をあげ、自社の方向性を打ち出す・競争に打ち勝つ戦略を理解する
・【ワーク】あなたがバス会社をもし経営したら?・競争を避ける戦略を基礎から学ぶ

マーケティング基礎 ①

① マーケティングとは?
・強みと弱みを知る・チャンスと脅威を知る・誰に売るかを10分割する
・対象として吟味する・差別化の仕方を考える

マーケティング基礎 ②

・5つの視点で物事を見る・顧客分析ABC分析の基礎
・顧客管理・4Pと4Cへの落とし込み方

マーケティング基礎 ③

・新時代のマーケティング・なぜリピーターが大事なのか
・リピーターの4類型・自社のファンを明確にする方法
・自社の口コミを作るツール・ソーシャルメディアの組み合わせと実践

マーケティング基礎 ④

・お客様の声分析を行う・ロジカルシンキングの基礎
・物事を論理的に説明する方法・モレなくダブりのない状態とは?
・結論から伝えること・理由は3つ揃える

マーケティング実践 ①

・お客様の声活用演習・【ワーク】お客様のアンケートを分析

マーケティング実践 ②

・総復習・その他、総合演習

講師紹介

竹内 慎也

関西学院大学商学部卒業。訪問販売会社で営業経験を積んだ後、ネット通販ビジネスを立ち上げる。 その後、求人広告の大手企業に営業として入社し、新人賞、トップセールスに輝き、部下の育成や研修にも携わる。 2011年にこれまでの経験を活かし、ウィル・スキル・アソシエイト株式会社を設立。 営業現場、マーケティング現場を中心とした、組織強化のコンサルティングを行っている。
研修回数は、年間150回、自社開催で2015年度は年間300件以上の開催をするほか、常時10社以上のコンサルティングを行っている。 著書に「非エリートの思考法」「仕事の本質」がある。

岡崎 恵理

近畿大学理工学部経営工学科卒。「サンケイリビング新聞社」の広告営業、その後、飲食店検索サイト「ぐるなび」での広告営業を通じ、1000以上の企業・店舗の販促に関わる。 その場限りにならない価値を伝える広告提案をモットーにお店の売上アップ、利益改善に貢献。クライアントからの評価もあり、度重なる出稿を受け、営業表彰も多数獲得。

そんな中、広告を出せば売上が上がるという単純なものではなく、商品・サービス力の強化、ブランディングからのサポートが必要と感じ、販促をトータルサポートしていくため、2011年に独立し、経営戦略コンサルタントとして、宣伝・集客のサポートを中心に活動する。2014年、事業拡大に伴い株式会社へ組織変更。 売上アップのためのコンサルティング、セミナー開催や、販売促進の企画から、集客につながる広告制作、ネット販促の支援などを行っている。

  • その他 弊社コンサルタント